Life in Kumamoto by Taiwanese

穿上浴衣,一起去看薪能

您看過能樂嗎?

「能樂」是日本傳統的表演藝術,其中含括了「能」跟「狂言」。簡單來說,「能」是戴著面具、身著華服,搭配笛子、打擊樂器,歌謠等的演出;「狂言」則是以對話進行話劇演出。在能樂中,有一種稱為「薪能」的演出,主要是在夏天的晚上,在能樂堂或是戶外臨時搭建的能舞台旁焚燒柴火,在舞台上表演特別演出的能樂。是作為敬神的儀式。

平常,要看能樂演出,大都是劇團的公演,在表演中心或劇場,花費不貲才看得到。在熊本,每年的8月第一個星期六晚上(今年為8月3日),由水前寺成趣園內的出水神社舉辦,在水前寺公園的能樂殿的「薪能」,只要付入園費就能免費觀賞。

夏夜,柴火的映照下,神秘的樂聲,加上表演者的莊嚴的演出,會讓您彷彿進入到了另一個世界,忘記夏日的紛擾與炎熱。

如果您想前去觀賞,卻擔心自己看不懂能樂。可以報名參加Office MU的活動行程。包含了用餐(茶寮松柏的湯豆腐定食)、能樂介紹、講解。在茶寮松柏中,邊用餐下,松村老師會跟大家簡單的介紹能樂,及一些值得注意的地方。有了這些知識後,當我們進入觀賞席,看能樂時,就不只是看表面的演出,更能了解其中的涵義。

熊本夏日的風情,到水前寺公園能樂堂看薪能,您也來一起體驗吧!

關於Office MU的講座等,請參閱一下網站連結。

オフィスエム (officeemu.jp)
如需要中文翻譯同行課程,請參閱以下簡章或另行洽詢(info / info@officeemu.jp)(可用中、英、日文)

另外,這是每個月都會開辦的茶道教室。學習如何參加茶會及泡出抹茶。有興趣者也可參考看看。

專為台湾人開設的日本茶道教室 | オフィスエム (officeemu.jp)

 

【日本語】

『浴衣で薪能を見に行こう!』

能楽を鑑賞したことがありますか?

「能楽」は、「能」と「狂言」を合わせた日本の伝統芸能です。簡単に言うと、「能」はお面を着用し、華麗な衣装に身を包み、囃子と謡に合わせて演じられる歌舞劇です。「狂言」は、セリフを中心とした喜劇です。能楽には「薪能」と呼ばれる、主に夏の夜に、能楽堂、もしくは野外に臨時に設置された能舞台の周囲にかがり火を焚いて、その中で特に選ばれた演目を演じる能楽もあります。これは神に奉納する儀式です。

普通、能楽の鑑賞は劇団の公演で、ホールや劇場で行われるので、高額のチケットを買わないと鑑賞できません。熊本では、毎年8月の第一土曜日の夜(今年は8月3日)、水前寺成趣園にある出水神社が開催され、水前寺公園の入園料を払えば、無料で能楽堂で「薪能」を鑑賞することができます。

夏の夜は、かがり火に照らされ、神秘的な囃子音、出演者の荘厳の演出など、まるで別世界に入ったかのように、夏の喧騒と暑さを忘れます。

行きたいけど、能楽が分からないのが心配な方には、食事(茶寮松柏で湯豆腐定食)、案内、解説を含むオフィスエムのイベントがお勧めです。食事をしながら、オフィスエム代表者の松村さんが能楽について簡単に解説し、見どころを紹介し、案内をしてくれます。その知識があれば、客席に入って能楽を見ると、表だけではなく、意味も分かってきます。

熊本の夏の風物詩、水前寺公園能楽堂で薪能を見ることを一緒に体験しませんか。

オフィスエムの講座・イベントについて、公式サイトをご参照ください。

・オフィスエム (officeemu.jp)

中国語通訳付き 講座・イベントは添付するチラシをご参照、もしくはメイルで問い合わせください。Mail / info@officeemu.jp)(中国語、英語、日本語対応可能)

他には、毎月に行う茶道教室もあります。お茶会への参加と抹茶の点て方を学べます。興味の有る方は下記のリンクご参照。

・專為台湾人開設的日本茶道教室 | オフィスエム (officeemu.jp)

文/翻訳:編集部F