Life in Kumamoto by Taiwanese

蔬食料理 栗之實咖啡館(有全素料理)

臺灣的素食人口,據說是僅次於印度之外,位居世界第二多麼地區。素食人口占了10%以上。因此,素食產業在台灣非常的普遍,種類也繁多。
然而到了日本之後,才發現到,素食人口真的不多。加上宗教信仰上,日本佛教的部分教派能「肉食妻帶」,因此素食的人口遠不及臺灣。更甚至是很多人以為只要不吃肉就是吃素了。

熊本江津湖附近的蔬食咖啡館「栗之實咖啡(KURINOMI CAFÉ)」是熊本中難得一見的純蔬食咖啡館。老闆的寺脇先生因為自身健康因素的經歷,開始食用蔬食。漸漸地與餐廳主廚研究起道地的蔬食料理,從一開始只是不用動物性食材,慢慢了解到全素(五葷素)的真義。現在在咖啡廳內提供著全素料理。


《所有者:寺脇 重幸 Terawaki Shigeyuki》

這裡的全素料理並不是只有蔬菜而已,有從單點到套餐,中式、日式到西式料理都有。所有食材講究、儘可能採用熊本食材,連調味料等也都講究使用生產過程中純素原料。所以,所有的素食人士都能在這裡安心食用,不用擔心葷食混入或是將就飲食。

小編我去採訪的當天,與朋友們事先預約了西式套餐。從前菜、沙拉、湯、麵包、主菜、麵食、點心,每一道都精心烹調,讓人驚艷不已。食材非常的新鮮,生食熟食都能感受到食材的美味。值得一提的是,許多的調味是用蔬果、堅果、豆類製作,跟平常葷食不同,非常的好吃。一同前往的友人跟我都吃得很飽也非常的滿足。

熱菜。炸蔬菜佐彩椒醬。雖是油炸,但採用鹽麴的麵衣不會感到油膩。其中有炸酪梨,讓人驚豔不已。

前菜。ビーツのタルタル2種チップス添え。食感が多く、爽やかで美味しい。

沙拉是鷹嘴豆、藜麥與蔬菜佐堅果醬料。多重口感,吃出疏菜美味。

サラダ。ひよこ豆とキヌアのナッツサラダ。食感が多く、野菜の美味しさが感じる。

熱菜。炸蔬菜佐彩椒醬。雖是油炸,但採用鹽麴的麵衣不會感到油膩。其中有炸酪梨,讓人驚豔不已。

温菜。彩り野菜の塩麴フリット パプリカソース。揚物ですが、塩麴を入れた衣は油ぽっくなくて、またアボカドの揚物が驚きの美味しさ。

湯品。馬鈴薯與山芋頭的濃湯淋上松露油。這湯實在太濃郁了。整口都是香味。沒出現在照片上的麵包,也是店家自己烤的歐式麵包。好吃到一口接一口。

スープ。ジャガイモと里芋の豆乳ポタージュ トリュフオイル風味。濃厚で、香りが口に残った。写真に出ていない自家製パンが美味しくて手が止まらなかった。

主菜。茄子排佐蔬菜與豆漿優格。顛覆想像的茄子,結實的口感,與沾醬絕配。

メイン。赤茄子のステーキ 野菜デミグラスと豆乳ヨーグルトソース。想像を超えたナス料理。しっかりした食感とソースが抜群。


麵食。水果番茄與四季豆拌青醬冷麵。水果番茄好吃到令人驚艷。

パスタ。フルーツトマトとインゲン豆のジェノベーゼ冷製パスタ。フルーツトマトが美味しすぎた。

甜點。四種田拼盤。有檸檬冰沙、草莓慕斯、紅蘿蔔蛋糕、南瓜杏仁派。真的吃得太飽了。甜點也都不含糊。

デザート。レモンとカモミールのグラニータ、イチゴのムース、人参ケーキ、かぼちゃアーモンドパイ。
デザートもしっかりで、お腹いっぱいになった。

對於在熊本生活的臺灣素食族群,真心推薦這家可以放心用餐的疏食咖啡館。除了素食族群之外,想減輕身體負擔的朋友,也可以來這裡滿足一下口慾。
除了在店內餐飲外,另外也能外帶。如果訂購的數量達到一定的量,還有預約外送服務。

最後補充一點,這家咖啡館的主廚,與榮獲世界素食料理大賽金牌獎得主的上田智先生是連襟關係,時常會進行廚藝交流。


●餐廳名稱:素食之森 栗之實咖啡(ヴィーガンの森 くりの実カフェ)
●地  址:熊本市東區江津2丁目28-30
IG

 

【日本語】

『くりの実カフェ(ヴィーガン料理)』

台湾のベジタリアン人口は、インドに次いで世界で2番目に多いと言われています。ベジタリアンは人口の10%以上を占めています。そのため、台湾ではベジタリアン産業が一般的で、種類も多いです。
日本に来て初めて、ベジタリアンの人口は少ないことに気づきました。また、宗教的には、日本の仏教の宗派の中には「肉食妻帯」もあるため、ベジタリアンの人口は台湾に比べて圧倒的に少ないです。多くの人は肉を食べなければ、ベジタリアンだと思っています。

熊本江津湖の近くにある菜食料理を提供する「くりの実カフェ」は、熊本では珍しいヴィーガンカフェです。オーナーの寺脇さんが菜食料理を食べ始めたのは、彼自身の健康問題ためです。徐々にお店のシェフと一緒に本格的な菜食料理を研究し、最初は動物性食材を使わないだけだったのですが、段々とヴィーガン(五葷抜き)の本当の意味を知るようになりました。店では本格的のヴィーガン料理が食べられるようになりました。

ここのヴィーガン料理は野菜だけでなく、中華、和食、洋食など、単品からコースまで多岐にわたります。食材にこだわり、出来るだけ熊本県産の食材を使用し、調味料なども製造工程からヴィーガン原料で作られています。したがって、すべてのベジタリアンの方が肉料理の混入や食事の我慢を心配せずに、安心して召し上げっていただけます。

取材に行った日は、事前に友人とパーティーコースを予約しました。前菜、サラダ、スープ、パン、メイン、パスタ、デザートなど、すべて丁寧に調理されています。食材はとても新鮮で、生で食べても、調理して食べても、食材の美味しさが感じられます。特筆すべきは、調味料は野菜や果物、ナッツ、豆などで作ることが多いので、普通の肉料理とは違い、とても美味しいです。友人と私は、満腹で、満足していました。

熊本に暮らす台湾のベジタリアンには、安心して食事できるヴィーガンカフェがおすすめです。ベジタリアンだけでなく、健康志向の方もここに来て、きっと満足できると思います。
店内でのお食事のほか、テイクアウトも可能です。注文が一定の数量に達した場合は、配送サービスもあると聞きました。

最後に、このカフェの料理長は、世界ヴィーガンコンテスト ゴールドメダリストの上田智氏の義弟であり、料理の交流することが多いそうです。

店舗名:ヴィーガンの森 くりの実カフェ
住所:熊本市東区江津2丁目28-30

文・翻訳:編集部F